無水亜硫酸Na

成分一覧

亜硫酸Naとは?

亜硫酸Naとは「亜硫酸ナトリウム」、「亜硫酸塩」とも言われる無機化合物です。化学元素記号はNa2SO3 と表されます。「無水」とは水和水を含まない無水の状態で、無水亜硫酸とは「亜硫酸ガス」のことです。

食品や化粧品の酸化防止剤、殺菌剤、漂白剤、変色防止剤、染色剤、洗剤の成分としてよく用いられています。また写真の現像に使われたり、織物工業で脱色剤、脱硫・脱塩剤として用いられたリ、革製品の製造に用いられます。

食品では特にワインの酸化防止剤としてよく使われていて、ほとんどのワインに含まれているほどです。ワインへの使用は古くからおこなわれていて、古代ローマ時代にはすでに樽の中で硫黄を燃やして、亜硫酸ガスを発生させて、ワインの保存に利用していたという記録があります。

またドライフルーツ、甘納豆、レンコン、エビ、小麦粉やコーンスターチなど食品の漂白剤としても利用されています。無水亜硫酸Naは、食品の色素細胞を破壊して、見栄えの良い色を作り出すのです。そこでしばしば他の着色料と合わせて用いられます。

亜硫酸Naの白髪染めへの効能

白髪染めやヘアカラー剤には、殺菌剤や酸化防止剤として利用されるほか、特にこの漂白剤としての性質が利用されています。もともとの髪の色素を破壊して、あとから乗せた色がよく映えるようにするのです。

多くの白髪染め剤に利用されていて、食品にも使われていますが、安全性は疑問視されています。循環器への悪影響、代謝異常、催奇形性、骨髄への影響、アレルギー誘発、発がん性など様々な影響が指摘されています。また食品として大量摂取すると、胃腸炎、血液降下、中枢神経麻痺などを起こします。特にアレルギーを起こす物質として挙げられていて、ワインでアレルギー反応が起きるときはまずこの物質が原因と思われます。

白髪染めに使用されている場合、食品のように胃腸からは吸収されませんが「経皮毒」と言って、皮膚から血管へ浸透して全身に影響を及ぼす場合もあるので注意が必要です。特にアレルギー体質の人は気を付けた方が良い成分です。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント