白髪の原因

基礎知識

女性の髪の悩みで多くあげられるのが、白髪。個人差があり、早い人では30代から白髪に悩まされている方もいます。加齢によってだんだんと出来るものだと白髪のメカニズムを意識せずに、そうなるのが当たり前だという思いを持っている方も少なくないでしょう。

髪の着色について

そもそも人間の髪の毛は、毛母細胞で作られている時は無色透明な状態です。その髪にメラノサイトで作られているメラニンが入ることで、黒色、茶色の色になります。しかし白髪は、髪の毛が生まれ育毛される段階で、通常なら着色されるはずのメラニンがない状態で起こります。メラニンが少ない状態だと薄い茶色になることもあります。髪の毛を見ていて、黒色でもなく白髪でもないものを見つけたことがありませんか。また、一本の髪の毛でも凝視してみると、途中から白くなっているものもあります。途中から白髪に変わるのではなく、生える段階のメラニンの量に応じて色が変わります。

白髪はこのように生える段階のメカニズムで起こるのが大きな原因ですが、その他にも栄養面の不足が現認にもなります。実際に髪の毛になるために欠かせない栄養素は、たんぱく質ですが、中でもチロシンが髪のメラニンとなる成分なので、総合的にたんぱく質が足りない状態が続けば、チロシンも不足してしまい白髪になってしまう可能性が高くなります。

また、メラニンの生成に関係している銅、酸素を運ぶ役割を果たしている鉄分、たんぱく質と脂質、糖質の基礎代謝に関連する亜鉛も、不足してしまうと白髪の原因になり得ます。
そのため、不規則な食事をしていたり、栄養バランスが良くない状態が続いたり、過度のダイエットで栄養不足になったりすることで、白髪になりやすくなると言われています。

一番の要因はストレス

そして、意外にも大きな原因として上げられるのがストレスです。悩みごとが続いたり、病気で苦しい思いをしたりしてその後に一気に白髪が増えてきたというのは、良くある話ですね。これも、ストレスが加わることで自律神経の働きが乱れてしまうことでメラニンの着色がされなくなるので白髪になってしまいます。

さらに、遺伝も関係性があると言われています。しかし、必ずしも両親が白髪に早くからなっていて多いと言っても、子供が同じようになるとは言い切れない面もあります。栄養面を意識して工夫をしたり、頭皮を健やかにするためにマッサージをしたりすることで、白髪を抑制する可能性があるからです。

白髪は当たり前に加齢で起こるものという認識を持つだけではなく、機能面、栄養面、精神面から来る原因を把握しておけば、出来る予防も自分なりに行えるようになりますね。

基礎知識
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント