カラースティック

白髪染めの種類

カラースティックの特徴は、ブラシやコームで塗るスティックタイプの白髪隠しです。お出掛け前にさっと塗れて自然な色で白髪が染まります。ポイント的に白髪を隠したい時に便利です。当初はコームタイプが主流でしたが、マーカータイプ、スプレータイプなどの形状が開発されてきました。特にブラシで塗るタイプの白髪隠しが最近の流行で、各社塗りやすいようにどんどん改良されてきています。

おすすめのカラースティック

中でもラサーナヘアカラースティックがオススメです。幅広のブラシで毛が短いので、慣れると生え際や分け目の白髪に広範囲に素早く塗ることができます。地肌にもつきにくいので頭皮が荒れている人でも安心して塗れます。ストッパー付きキャップで漏れだす心配がなく、外出先にも持っていけます。

速乾性、耐水性については、2種類のフィルム成分が解決します。髪をぴったりコーティングし、すばやく乾かすのでべたべたしません。白髪が多い人が大量に塗ったとしてもごわつかず使いやすいです。時間とともに色移りしにくい状態に仕上がっていきます。ただし大量の汗、水に塗れると色落ちしますから注意しましょう。また、ついさわりたくなってしまいますが、塗ってしばらくは手でさわらない方がいいですね。シャンプーすると大半の色は落ちますが、一部は残るので、徐々に白髪が目立ちにくくなるのがうれしいですね。白髪が少ない人であればこれを使っているだけでかなり目立たなくなりますよ。

髪への優しさも最大限に配慮しました。キューティクルを保護する美容成分が多く配合されているので、使うたびにしっとり潤います。無香料で低刺激なのはもちろんです。
気になる色味は赤が強く出ますが、青すぎたり、真っ黒に染まるよりはなじみがいいのではないでしょうか。

ブラシタイプとペンタイプの違い

ブラシタイプがどうしても使いにくい人には、握りやすいフェルトペンタイプを試してみてはいかがでしょうか。ペンタイプは軽くて一番使いやすいです。特にフラガールポイントカラーという商品が便利でオススメです。フェルトペンにコームがついていて、小回りがきいて髪の毛の生え際ぎりぎりに塗れるので安心して使えます。顔につくのは最も嫌なことですから、髪の毛だけに塗れるのは重要なことですね。こちらも少しずつ色が残っていき、シャンプーしても少しずつ染まっていきます。色味は薄目で、あまりしっかり色が出ないのでかえって使いやすいです。もっと濃くしたい人は、繰返し塗れば白髪が隠れるようになります。

スティックのポイント白髪隠しは、よくできた白髪隠しだということが分かりますね。とても使いやすいので、白髪染め初心者にもオススメです。

白髪染めの種類
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント