コーム

ヘアケアグッズ

白髪をきれいに染めるには、まず自分に合った白髪染めトリートメントを選ぶこと、そして次は使いやすいグッズを整えることが大事です。グッズの中でも特に大切なのは、白髪染めコームです。

コームは普通のくしやブラシを使ってもいいのですが、やはり毛染め専用のものが何といっても便利です。コームとブラシがセットになって付いていて、分け目をつけるとがった部分がある髪染め用のスタイルのものです。

100均のコームでも何とかなるが・・・

私は最初は古くなった櫛とブラシを使っていました。それで用は足りていたのですが、そのうち100均の毛染め用コームを買って使うようになりました。コームとイアーカバーと手袋とコームの4点セットでたったの100円です。ダイソー、キャンドゥその他の100均にあります。

このお値段でもコームはくしとブラシが両方あるスタイルなのは嬉しいです。なにしろ安いので、一回使ったら使い捨てにしていました。

100均のグッズに関して、このお値段だから文句は言えないけれど、コームの使い心地は決して良いとは言えませんでした。特に髪の根元を染めるのが難しくて、なかなか染まらないので指でもみこんだり、また昔の古いブラシを持ちだしたりと、いろいろな方法を試さなければなりませんでした。

レフィーネのコームがおすすめ

これから年に何回も、そして何年も白髪染めをするのだから、やはりちゃんとしたコームを買った方がいいのかな...と思って、ネットでいろいろ探してみました。それで購入して使ってみたのが「レフィーネ」のヘアカラーブラシ&コーム(約500円)でした。使ってみて「やっぱり100均とは全然違う!」と思いました。

ブラシが馬毛でトリートメントの含みが良く、しなやかなので根本もよく染まります。100均のプラスチックの毛とは感触が違います。コームも通りが良く抜け毛の心配がないし、先端がとがっていないので地肌が痛くないです。よく考えたら、洗って何度も使えるので、100均よりもかえって経済的です。なんでもっと早く買わなかったんだろう?と思いました。

その後コームが古くなったので、次のものを買うことにしました。レフィーヌのコームで満足していたのですが、他のものも試してみようと思って「ルプルプ」のコームを買いました。こちらも馬毛で使い心地はとても良いです。700円でお値段が少し高いかな、とは思いましたが満足でした。

コームを使って白髪をきれいに染めるには、まず白髪が目立ちやすい前髪の根元と耳の周りを集中的に染めることです。ブラシにたっぷりトリートメントを付けて、白髪の根元に塗り込んでから、コームで伸ばします。次にとがった部分で分け目を作って、またブラシで根本にトリートメントを付けてコームで伸ばします。

長く白髪染めをするのだから、やはり良いコームは必要だと思います。長く使えるし、これで仕上がりが決まるのだから、数百円の出費は安いものだと思います。

ヘアケアグッズ
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント