濃グリセリン

成分一覧

まず、グリセリンとはブチレングリコール(BG)と同様に化粧品に配合されているかなり人気の保湿成分になります。BGは比較的さっぱりとした成分である事に対し、このグリセリンはべたつきがある成分であるといえます。

濃グリセリンとは?

この濃グリセリンはその名前の通りですが、通常のグリセリンの濃度が84%から、87%である事に対し98%以上の濃度になります。つまり、高純度のグリセリンであるといえます。

このグリセリンの科学的特徴としては、しっとりとした使用感であり、肌のなじみがいい事から非常に高い保湿力、保水力で皮膚を乾燥から防ぐ効果があり、これが非常に多くに化粧品に採用されている理由だといえます。

また、皮膚柔軟化、肌荒れ防止、しわの生成を防ぐなどの効果などもあり、継続的に摂取したい美容効果をもっています。なので、この濃グリセリンは主にニキビケアなどの成分として使用されています。これは高い保湿力、吸湿力によるものであり、乾燥肌が引き起こすニキビの肌荒れを防ぐという事です。ちなみに、グリセリンはこの濃グリセリンを精製水で薄めたもので作られています。

濃グリセリンの髪への効果

濃グリセリンは多くの化粧品に使用されており、ヒアルロン酸Naと組み合わせる事で非常に水分保持力が高まり、うるおいが持続します。しかもこの濃グリセリン、なんと育毛剤にも使用されているのです。成分としては肌の奥まで浸透するものではなく、肌の表面にとどまり、うるおいや滑り感を与え、乾燥を防ぐ効果です。そして髪の毛を成長させやすい環境づくりをしてくれるという効果が期待されているのです。

髪の毛に着けたり、スキンケアとして肌に使用したりする事から、安全性は極めて高いといえるでしょう。

実際に白髪染めにも多く使用されており、安全性の高い成分である事から、髪の毛を傷めずに刺激を少なくしながら髪の毛を染める事が出来るといわれています。
育毛剤としても使用されている事から、非常に頭皮にも安全な成分です。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント