シクロメチコン

成分一覧

シクロメチコンとは?

シクロメチコンはシリコンオイルの一種です。シリコンオイルとは、分子の大きさによって性質が変わる合成ポリマーのことです。そしてシクロメチコンは無色透明で揮発性があり、粘度が低いため油性でありながらもベタつかない特徴を持っています。

また、特に味や匂いなどがなく無味無臭です。一般的にシクロメチコンは、肌や髪の毛などの表面にオイルが付着してベタついた状態になることを防ぐために使用されており、オイルの代わりにオイルフリー製品に配合されたりしています。

たとえば制汗剤や乳液、セット剤などに使用されていますが、他の成分が原因で起こるベタつきを防いで、製品を塗布した時の肌表面での伸びを良くするなどの、使い心地を改善する目的で配合されています。さらにシクロメチコンは揮発性に優れた成分なので、汗による化粧崩れを防ぐために、ウォータープルーフタイプのファンデーションや日焼け止めなどにも使用されてます。

白髪染めへの効果・効能

シクロメチコンは一般的なシャンプーの多くに配合されていますが、こうしたシリコン入りのシャンプーの使用が、白髪染めの効果を半減させる原因になります。シクロメチコンをシャンプーに配合することによって、髪の毛が皮膜で覆われてツヤやハリが生まれたり、ベタつかないことで濡れた髪の毛に指やクシが通りやすいなど、様々なメリットが生まれます。

この皮膜を作る作用が白髪染めの働きを邪魔します。トリートメントタイプやヘアマニキュアタイプなど、一般的に使用されている白髪染めは髪の毛の表面に着色することで白髪を染めます。

しかし、シクロメチコンのようなシリコンオイルが髪の毛の表面に皮膜を作ってコーティングすることで、白髪染めに含まれるカラー染料が皮膜に弾かれて付着できず、白髪染めの効果が半減します。ただし、脱色してからカラー染料を染み込ませる2剤式の白髪染めの場合は、コーティングを破って髪の毛の内部までカラー染料を染み込ませることが出来るため、シクロメチコンなどを含むシリコンシャンプーの影響を受けにくい特徴を持ちます。

白髪染めを習慣的に行なう場合は、シクロメチコンなどを含まないノンシリコンのシャンプーを使用する方が、最大限にその効果を引き出すことができます。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント