グリセリン

グリセリンとは?

グリセリンとは、もっとも代表的な3価あのアルコールです。その性質は無色透明、無臭、粘性のある液体です。甘味もあり、食品添加物としても用いられています。甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの他、自動車エンジンの冷却水の凍結を防止する不凍液にも含まれています。天然グリセリンはヤシ油やパーム油の成分として大量に産し、石鹸を製造する過程の副産物として得られます。また石油を原料とした合成グリセリンはプロピレンと塩素から得られるプロピレンクロルヒドリンの加水分解で生成することができます。

合成グリセリンは不純物も少ないため、医療品に用いられています。浣腸剤から利尿剤などにも用いられています。天然グリセリンは水によく溶けて、保湿性に優れています。肌に潤いを与える化粧水やクリームなどの基礎化粧品、身近な製品にもたくさん使われています。自作の化粧品においても、グリセリンを入れることで、化粧品の効果を高めることに期待するようです。

それにヘアケア製品においてもかかすことのできない成分となっているのです。浴室に備えてあるシャンプー、コンディショナー、トリートメントはもちろんのこと、スタイリング剤、白髪染め剤などにもグリセリンは入っています。

グリセリンは保湿効果

白髪染めにおいてグリセリンは髪の毛を保湿する役割があります。水によくなじむため、髪の毛に浸透しやすいのです。それに広く使われていることからわかる通り、安全性が高いため、アレルギーの原因にもなりにくいのです。

安心して使うことができます。ただしグリセリンを過剰に用いると逆効果になることがあります。吸湿性の高さから、逆に髪の毛から保湿の能力を奪ってしまう可能性がありますので、適度な量を用いてください。もちろん市販品には髪の毛や肌に影響が出るほどのグリセリンは入っていませんが、成分には必ず個人差があるので、製品を用いる前には必ずパッチテストをしておいた方が安心できるでしょう。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント