ヘアブリーチ

白髪染めの種類

ヘアブリーチという単語は知っていても、実際にどんな時に使うのか?どんな効果があるのか?ヘアカラーとの違いは?など、ヘアブリーチの役割についてわからない人も多いのではないでしょうか。今回はヘアブリーチとは一体どんなものなのか?白髪染めとヘアブリーチの関係は?などについて説明したいと思います。

ヘアブリーチとは?

ヘアブリーチとは、髪の色素を抜く脱色剤の事を言います。ヘアブリーチを使用すると、少しずつ髪の色が抜けていって最終的に白になります。色の返還としては、黒→茶色→オレンジ→黄色→白と時間がたつにつれて色が抜けていきます。色の抜け具合は髪質なども影響していますので、髪質がブリーチと相性が悪いと一回のブリーチで白までいかない事もあります。人によっては、何度もヘアブリーチを使用しなければいけません。

では、なぜヘアブリーチで髪の色を抜くのか?というと、ヘアカラーで髪を綺麗に染められるからです。日本人の髪色は黒です。黒というのは、他の色と交わりにくい強固な色ですよね。そんな強固な色の黒髪のまま他のカラーに染めようと思っても、綺麗に染まりにくいんです。特に金髪や赤髪などの明るい色だと、黒髪のままでは綺麗に染まりません。

その為、髪色を明るい色にしたい場合は、一度色を抜く必要があるんです。つまり、綺麗に髪を染めたい場合はヘアブリーチで色を抜くのが必須という事です。

白髪染めにヘアブリーチを使用した場合

そして、もし白髪染めで髪を染めたいがためにヘアブリーチを使用したらどうなるか?ということですが、これはヘアカラーと同じようにちゃんと髪色も変わります。

しかし、白髪が染まりづらくなってしまったり、色落ちが異様に早かったりなどの影響が出る事があります。実はヘアブリーチを使用すると、とても髪が傷むんです。ヘアブリーチは使用すると髪の色を抜きますがそれと同時に髪の栄養も抜いてしまうため、髪へ強いダメージを与えて傷んでしまうんですね。

それだけではなく、ヘアブリーチには白髪の原因の一つといわれる過酸化水素も多く含まれています。つまり、白髪染め目的でヘアブリーチを使用すると、逆にどんどん髪の健康が失われてしまい結果的に白髪が進行してしまうんですね。白髪が多くて綺麗な髪色にしたいがためにヘアブリーチを使おうと思っている人は、控えた方がよさそうです。

ヘアブリーチの役割と、白髪染めとの関係について説明しました。ヘアブリーチは綺麗な髪色にするためには必要なものですが、それと同時に強いデメリットを持つものでもあります。もし、白髪染めの前に使用しようと思っている人は、そのデメリットを心掛けて使用してくださいね。

白髪染めの種類
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント