ヘアマニキュア

白髪染めの種類

ヘアマニキュアとは?

一般的にヘアカラーやヘアダイと言われるものは、髪の内部まで薬剤を浸透させてメラニン色素を分解するのと同時に脱色し、染料を浸透させるタイプのものを指しています。ヘアマニキュアというのはそうではなく、髪の内部のメラニン色素を分解、脱色することなく、髪のごく表面側に吸着するだけで染料をのせています。イメージとしては爪に塗るマニキュアのように、表面をコーティングしているような感じです。

どういった人に向いているか?

ヘアマニキュアはヘアカラーと違い、皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を必要としていません。ヘアカラーがアレルギーで出来ない方にはヘアマニキュアをお勧めします。また髪を痛めることがないのも特徴なので「これ以上髪を痛めたくない」と思っている方や「髪にツヤが出るようにしたい」「シャンプーした時に髪がキシキシならないようにしたい」などといった方にもお勧めです。

ヘアマニキュアの効果

上記でも記載しているように、ヘアマニキュアは髪の内部まで染料が入りませんので、元々が黒髪の方の場合は色鮮やかに発色するものではありません。明るい色をのせてもほぼ分からないでしょう。

しかし元が白髪の部分にはしっかり色が入りますので、十分白髪染めに使えます。その際に色は黒やダークなものを選んだ方が良いでしょう。色浮きせずに自然に仕上がります。またヘアマニキュアを使うとツヤ感が増しますので、美しい髪に仕上がることでしょう。個性的な方では白髪を紫に染めているのを見かけますね、これも元が白髪でしたらヘアマニキュアでできることです。

ヘアマニキュアの色落ちについて

効果の持続はさほど長くはありません。大体3週間から1ヵ月程度で色落ちしますので、気になってきたらまた染めた方が良いでしょう。髪への負担がありませんので、何度重ねても大丈夫です。

ヘアカラーでも1ヵ月もすれば根本が伸びてしまいますので、大差はないでしょう。色落ちですが、ご存知の方も多いと思いますが、シャンプーで色が落ちることがあります。泡に色が着くような感じです。しかし最近の薬剤はそんなに粗悪なものではないので、色落ちをはっきり感じるのは最初の数回程度でしょう。その後は特に気になることもそんなにないと思います。

ドラッグストアで販売されている薬剤はヘアカラーが圧倒的に多いと思いますが、その中にヘアマニキュアもありますので、自分で染めることも可能です。

美容室でしっかりヘアマニキュアをしてもらうのも良いですし、生え際や頭頂部くらいなら手軽にできるので、自分で試してみるのも良いですね。何より髪を痛めずにできることが魅力です。ヘアマニキュアはお勧めです。

白髪染めの種類
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント