ホホバ種子油

成分一覧

ホホバ種子油はホホバの種子を圧搾、そして精製することで得ることができる植物性の蝋です。

ホホバ種子油の特徴

質感はさらったとした液状でヒトの皮膚への浸透性が非常に高く、植物オイルの中では含まれているトコフェノールの作用のおかげで酸化しにくいという特徴があります。保湿効果が高く、角質層の水分蒸発を防止するためのエモリエント効果に優れており、さまざまなスキンケア用品に配合されているオイルです。

ホホバの原産地となっているメキシコ北部は乾燥地帯で、古くから原住民の皮膚の保護のために役立てられてきました。過剰な油脂はニキビの原因となり敬遠されますが、ホホバ種子油は液状の蝋なのでアクネ菌を増殖させる心配はありません。また、ヒトの皮膚層に20%から30%ほど含まれているワックスエステルという成分を豊富に含有しているのも特徴で、これは角質層を保湿するための成分であり、不足している分を補って肌バリア機能を高めるために役立つものです。

髪の毛の保湿に繋がる

白髪染めに配合されているホホバ種子油は、主に髪の毛の保湿を目的としています。ヒトの皮脂と質が近いため髪の毛に対しても浸透性が高く、頭皮と髪に塗布することで白髪を染めた髪が乾燥でパサついてしまうことを防ぎます。重すぎない程度にしっとりと仕上げることができ柔らかな髪質に改善し、薬剤使用による頭皮の渇きを防止するものでもあります。また、成分を浸透させるのと同時に、髪と頭皮の油分と水分をバランスよく整える作用も期待ができます。この効果によって気になる髪のうねりを改善することができ、染め上がった髪のクセを目立たなくすることが可能です。

ホホバ種子油には潤いを与えると同時に余分な皮脂汚れを落とす効果もありますので、髪を染めた後洗い流す際に毛穴をスッキリとさせることができます。古い皮脂が原因となっている頭皮の臭いを軽減するのに役立ち、また、高い抗酸化作用によって頭皮環境を健康的に改善させることもできます。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント