白髪染めの仕組み

基礎知識

自分に合った白髪染めを選んで正しく安全に使用するために、どのようなメカニズムで白髪を染めているのかを知る事は大切です。ここでは「永久染毛剤」と「半永久染毛剤」それぞれの白髪染めの仕組みを解説していきます。

永久染毛剤

ヘアカラーなどの一般的な白髪染めは「永久染毛剤」に分類されています。「1剤」と「2剤」の2つに分かれているのが特徴です。これを混ぜ合わせた「混合液」を髪に塗って染めるのですが、なぜ2つに分けてあるのでしょうか?

それは混ぜ合わせる事による「化学反応」を利用した染毛剤だからです。染める直前に、アルカリ剤と酸化剤が混ざり合って化学反応を起こし、白髪染めが出来上がる仕組みになっています。1剤には「酸化染料」と「アルカリ剤」という2つの成分が配合されています。2剤には「酸化剤」という過酸化水素水が入っています。1剤に入っている酸化染料は色の元になる成分です。アルカリ剤には髪のキューティクルを開いて、毛髪内部まで色を浸透させる役割があります。2剤の酸化剤は、過酸化水素水の働きで染めた髪色を発色させ、色を固定します。

髪の色を抜いてキューティクルを開き、染料を浸透させて白髪を染めるので、髪や頭皮へのダメージは多少ありますが、しっかり染まって長持ちするのが永久染毛剤の特徴です。アレルギーや頭皮のかぶれを引き起こす場合もあるので、使用前には必ずパッチテストを行って下さい。

半永久染毛剤

一般的にヘアマニキュアや白髪染めトリートメントと呼ばれているのが「半永久染毛剤」です。元の黒い髪の毛は脱色したり染まったりしないので、白髪だけが染まります。刺激の強い酸化剤を含んでいないので、髪や頭皮へのダメージは少なくなります。また、毛髪保湿成分で髪をコーティングしながら染めるので、髪の痛みが気になる人には向いています。ただし、髪や頭皮へのダメージが少ない分、シャンプーなどの度に色落ちしやすいので、頻繁に染めなくてはならないというデメリットもあります。

また、このタイプの白髪染めには自然由来の成分から作られている「ヘナ」などもあり、髪にハリとツヤを与える効果もあり大変人気です。アレルギー体質の方や敏感肌の方には、こちらがおすすめです。

 

いかがでしたか?
「髪の痛みは気になるけど、内部までしっかり染めて髪色を長持ちさせたい」という人にはヘアカラーなどの「永久染毛剤」が合っています。
「長持ちしなくても、ダメージを与えず手軽に髪色を染めたい」という人にはヘアマニキュアなどの「半永久染毛剤」が合っています。
それぞれの特徴を理解し、自分に合った方法で正しく安全に白髪染めを行いましょう。

基礎知識
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント