白髪染めの男性用と女性用の違い

基礎知識

現在では白髪染めの種類もラインナップが豊富になっているので、目的に応じたものを選びやすくなりました。しかし、ドラッグストアやスーパーではたくさんの種類の白髪染めが取り扱われているのですが、中でも女性用の商品が圧倒的に多くなっています。

一方、かつてよりも男性用の白髪染めも開発されてきているのですが、これまで白髪染めを購入するときに男性用と女性用で違いはあるのかと考えたことがありますか。白髪染めを選ぶ時に、何気なく男性用、女性用の中からそれぞれ応じたものを選んでいらっしゃる方が多いのではないでしょうか。しかし、男性でも髪色をもっと楽しみたいのにラインナップがブラックやグレー、ブラウンからしか選べないので、女性用の白髪染めを使ってみたら悪いのだろうかと疑問に持つこともあるでしょう。

男性用と女性用の違いについて

基本的には男性用も女性用も白髪染めの成分は同じものでてきているということがわかっています。どこが違うのかといえば、カラー、手触り、香りといった仕上がりに影響する部分に違いがあります。

男性の場合には、カラーもそれほどラインナップが多くないのは、女性ほど色合いの違いを楽しみたいという希望が少ないことが影響しています。また、白髪が黒くなれば希望を満たしてくれているという男性が多いために、そのようなカラーしか製造していないとも言えますね。女性は、出来るだけ様々なカラーを楽しみたいおしゃれ心を持っている方が多いので、カラーのラインナップも豊富になっています。

そして、手触りの違いというのも男性の方はさらさらとした髪になったり、滑らかになるよりも、短髪の方が多いのでどちらかといえば張りを好むという方が多くなっていますが、女性の場合はしっとりとした手触りを体感したい方が大半ですので違いがあります。

さらに、男性は白髪染めでもそれほど香りを重視しないものの、女性の方は花やハーブの香りなども重視する傾向が強くなっています。

また女性用は髪がショートからロングまで対応している白髪染めもあるので、量が多めになっているものもあります。男性用がやや少なめの量になっているのは、短髪を染めるようになっているからです。

このように、男女とも白髪が染まる原理は同じですが、仕上がりのカラー、手触り、香りに違いがある程度ですので、求めるニーズがあるなら男性が女性用を使っても差し支えありません。カラーバリエーションを考えれば、女性が男性用を使いたいというニーズはほとんどないと言えます。

基礎知識
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント