パーシック油

成分一覧

パーシック油とは?

パーシック油とはピーチカーネルの種子やアンズの種子から得られる脂肪油のことです。アンズとピーチはどちらも似たような実をつけることが有名です。その植物油をまとめて「パーシック油」と総称して呼びます。そしてアーモンド油に似た成分を持っていることも知られています。

オレイン酸を主成分としたもので、伸びの良い植物性油性として活用されています。

柔軟作用を目的にして、スキンケアやヘアケアなどといった、保湿や柔軟効果に期待ができる化粧品に必ず配合されているものです。パーシック油はオレイン酸をとても多く含んでいます。そして安全性も高い成分です。安全性が高いと知られているので、オーガニック商品や手作り商品にも使用されている成分です。

髪だけでなく、肌へのスキンケア商品にも使用されているので保護や保湿、柔軟効果を必須とする商品には必要な成分です。それほど安全性については安心でき、必要とする成分です。保湿効果や柔軟効果にとても優れています。肌なじみもよく乾燥の改善として使用されることもあります。保湿効果もあるので、コンディショナーやヘアケア商品にも活用されています。

パーシック油の白髪染めにおける効果・効能

パーシック油の白髪染めにおける効果は、保湿や柔軟性に優れている成分ですから白髪染めで傷む髪や、傷んでしまう頭皮を保護し、そして保湿することを目的として使用されています。白髪染めで頭皮が痛くなってしまう方もいるかもしれませんが、パーシック油は配合されていれば最小限に頭皮の痛みも減らせることができます。

そして髪の柔軟性を増やせる成分としても、白髪染めではパーシック油の活用が期待できます。髪が傷んでギシギシにならず、ハリがある髪の毛にすることができます。さらにツヤ効果もあるため白髪染めが終わった後にツヤを期待することができます。

安全性も高いため、パーシック油配合の白髪染めは安全面にも考量した商品なので敏感肌など肌が弱い人への使用もオススメできます。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント