精製水

成分一覧

精製水とは、ろ過したり蒸留したりイオン交換をして濃度を上げた、純粋な水の事です。

一般には、医療用でよく使われていて、コンタクトレンズの洗浄液として使われたり、医療器具の洗浄にも用いられています。しかし用途は、これだけじゃなく今美容の方にも、大きな効果があります。

ヘアケアで注目

スキンケアはもちろん、ヘアケアや頭皮ケアの方にも注目されています。スキンケアでは、化粧水として使用できます。精製水は、水道水に比べると溶解度が高いので、洗顔をせず、そのままコットンに含ませて、タップリ顔につけると肌への浸透力があり、次に使用する化粧水の浸透が、より良くなります。

また、これと同様にヘアケア、頭皮ケアです。シャンプーして軽くタオルドライした髪に、精製水をスプレーしてドライヤーで乾かすだけで、サラサラで艶のある髪になります。このように精製水は、思ったよりもたくさん用途があり、さらにダメージのイメージしかない白髪染めのカラー剤の中にも実は精製水が含まれいるのです。もちろん、染毛成分が主に配合されてますが、それの浸透を促す働きとそれと同時に髪の保護成分も含まれているのです。

ダメージの無い成分が大事

今は、以前と違ってカラー剤イコールダメージという先入観が強かったのですが、今ではいかにして髪のダメージを最小限に抑えて、消費者に安心してもらえるかと考えられるようになってきました。カラー剤の中でも、今ダメージのないヘナが注目されています。ヘナは天然成分で、肌の弱くで普通の白髪染めのカラーが出来ない人でも染められるカラー剤です。

カラー剤は、前にも述べたように、髪のダメージが大きいというイメージが強いのですが、ヘナは、髪にも頭皮にも優しいトリートメント効果のある白髪染めなのです。さらに、このヘナに精製水をミストすると発色を高め、スチームでよりいっそう髪と頭皮にトリートメントの浸透を促します。このように、精製水などの隠れた万能水を、もっと活用して少しでもカラー剤の悪いイメージがなくなると良いです。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント