白髪を部分染め

基礎知識

白髪が出てきたなと思って生え際をチェックしてみると、「あるある」と改めて白髪の存在に気が付きますね。しかし今のところ生え際だけで、まだ全体的には大丈夫。しかも生え際も一部だけという場合、白髪をどのようにケアしたらいいのか迷いますね。

全体を染めるには、白髪がまだ少ないような気がする、また何もしなければ白髪は目立ってしまうと、悩みの種になりますね。そんなときにおすすめしたいので、白髪の部分染めです。白髪のあるところだけを目立たないようにケアする方法です。その白髪染めについてご紹介していきます。

時間をかけて染めていくトリートメントは便利

髪の毛を一気に染めてしまうと誰かにばれてしまう可能性もありますね。また新しい髪の毛がはえて来た時に、染めた部分と染めてない部分が明らかとなり、白髪がばれてしまうのですね。そのため髪の毛を一気に染めるという方法を避けたい人は少なくありません。また部分染めとは言いますが、そのピンポイントだけを染めるのは、意外に難しいもの。

そんな時におすすめしたいのが、髪の全体に塗ってだんだん染めることのできるトリートメントを使用することです。少し時間はかかりますが、毎日使用していると、少しずつ染めることが出来ます。また白髪以外の髪の毛には影響なく、白髪の部分に着色出来るので、手軽で便利なのです。

白髪部分染めマスカラタイプは手軽で簡単

あっ白髪発見!2、3本だけ見つけることもありますね。そのような本数が少ない場合、どのような染め方がいいのでしょうか。白髪部分染めのマスカラがあるのをご存知でしょうか。これは手軽にマスカラを付けるように白髪を着色することが出来ます。また使用するほどにだんだん白髪が染まっていく物もあるので、手軽でいいですね。

この手軽に出来る方法としては、刷毛タイプ、ブラシタイプ、パフタイプもあります。

部分染めに使用する色は何色?

白髪の部分染めをする時に悩むのが色の選択ですね。自分の髪の毛より薄い物か濃い物かどちらがいいのでしょうか?もしも部分染めをする場合は、濃い物を選ぶようにしましょう。色の薄い物を選んだ場合、照明などの反射で髪の毛の染めがわかってしまうこともあります。また薄い色は落ちやすくなってしまうので、少し濃い物を使用して着色が残るようにした方がいいのです。

また茶色といってもメーカーによって色も大きく違います。そのため、メーカーの特徴を知って、購入することが大切です。

基礎知識
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント