ローマカミツレ花エキス

成分一覧

ローマカミツレ花エキスの特長

ローマカミツレ花エキスとはヨーロッパが原産のキク科の植物ローマカミツレの花より抽出されたエキスと言えます。日本においてはミツカレよりもカモミールの名称で親しまれています。リンゴみたいな香りがして、6月~7月に白色の花が咲きます。ハーブティーとして飲まれることも多く、フランスでは薬用植物の一種として使用され摂取することで抗神経痛剤、健胃剤、解熱剤、強心剤、消毒剤効果があると言われています。

ローマカミツレ花エキス成分の効果効用

まずローマカミツレ花エキス成分の効果について挙げていくと抗炎症作用、皮膚の代謝を促す、抗菌作用などがあります、抗炎症作用というのは乾燥が原因の肌荒れ、ニキビが原因の炎症より肌を守る為に有効で化粧品の成分としても使用されています。その他にもヘアケア製品でも非常に注目されている成分でシャンプー、コンディショナー、白髪染め、育毛剤などにも配合されています。

白髪染め製品では特に白髪隠しのトリートメントタイプのモノに使用されるケースが多いと言えます。染色の為の成分ではないのですが白髪染めは日常的に使用する必要があり、また頭皮が荒れている状態では使用することが出来ません。化学成分を多く使用する白髪染め商品を使っていて肌荒れを起してしまったという人はローマカミツレ花エキスが配合された白髪染めを使用することをお勧めします。

ローマカミツレ花エキスは天然由来の成分なので肌に優しく、また昔からハーブとして使用されているので安全性が高いのが魅力です。ただ稀にアレルギー症状を起すケースもあるので不安な人はパッチテストを行なうといいでしょう。 1度白髪が生えてきた毛穴は何をしても改善することは出来ないのですが、頭皮環境を整えることで抜け毛を予防し丈夫な髪が生えてきます。人間は白髪が増えるのと同じ頃に抜け毛も増えてしまう傾向があるので白髪染めを使用する場合は頭皮へのダメージが極力少ないモノを選ぶことが抜け毛の予防に繋がります。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント