ローズマリー葉エキス

成分一覧

ローズマリー葉エキスの特徴

ローズマリー葉エキスは、シソ科のマンネンロウの葉から抽出したエキスです。ローズマリーは、香りの良さや効能などから料理や化粧品の成分に用いられることも多い人気の植物です。その効能や効果から、古代より薬や食用として用いられてきました。

芳香性のあるエキスで、化粧水、シャンプーやコンディショーナー、ヘアカラーなど多くの化粧品に含まれています。

古くには14世紀のハンガリーの女王がローズマリーエキスの含まれた水を使って若返り、近隣の国王からプロポーズされたとの言い伝えもあります。

ローズマリー葉エキスの成分には、カルノシン酸、カルノーソル、ロスマールなどの抗酸化物質や、抗変異性物質のサルビゲニンが含まれていることが確認されています。ローズマリー葉のエキスの効能や効果は多岐にわたっており、ニキビや肌荒れの改善にも効果のある抗菌性、抗酸化効果、消炎効果、しゅうれん効果など美容面だけに限らず、消化不良や胃痛、うがい薬など健康維持にも効果がみられます。ローズマリー葉エキスの抗菌成分は、化粧品の防腐剤にも用いられているほか、血行促進や抗酸化作用から老化防止のアンチエイジング、脱毛予防やフケ防止にも用いられています。

ローズマリー葉エキスの白髪染めにおける効果/効能

ローズマリー葉エキスには、頭皮の健康維持や美しい髪を保つための作用も多く持ち合わせています。代表的な効果には、育毛効果、脱毛予防、フケやかゆみの予防、皮脂を抑制して皮膚のコンディションを整える効果が知られています。

白髪染め液によるダメージを、ローズマリー葉エキスの消炎効果や収れん効果が抗炎症作用としてダメージ改善の効果を発揮し、炎症を最小限に抑えフケなど頭皮のトラブルも予防します。収れん作用や保湿効果によって髪のしなやかな状態を保つことができます。乾燥などによる頭皮や髪の乾きが気になる人には、ローズマリー葉エキスの保湿効果は良い効果をもたらすことになります。

白髪染めにローズマリー葉エキスが含まれることで、ローズマリー葉エキスの保湿作用、抗菌作用、抗炎症作用が白髪染めの刺激から頭皮や髪のダメージを改善して、健やかな頭皮と髪を保ちます。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント