ベニバナ赤

成分一覧

ベニバナ赤とは?

ベニバナはキク科の植物で、ベニバナ赤はその花から抽出した天然の色素です。地中海沿岸、西アジアから渡来して古くから日本国内で染料として使用されてきました。ベニバナ自体は黄色い花をしていますが、摘んですぐに水に晒して乾燥する作業を繰り返すことで紅色へと変化し、分離させることで染料などに用いられています。

ベニバナ赤という表記以外にもフラボノイド色素、紅花色素、紅花赤、といった書かれかたをされていることもあり、その主色素となっているのはカルタミンと呼ばれる成分です。口紅やチーク、アイシャドウなどの化粧品の原料として馴染み深く、他にも食品着色料に用いられます。漢方生薬としては血行促進効果があるもので、自然界に存在する植物から採れる天然色素ですので着色料としては安全性は高いということができます。毒性の心配がないことから安心して人体の内外に使用できるものです。

白髪染めへの効果・効能

白髪染めの中に含まれているベニバナ赤は髪に優しい自然由来の染料として、髪を染めるために配合されています。黒くなりすぎず赤みを出すことができますが、髪の内部に浸透せずに表面のみをコーティングするように染め上げますので発色力自体はそれほど強いものではなく、ベニバナ赤単品ではなく複数の染料と混ぜて利用されているのが一般的です。日に晒されても褪せづらく色持ちがいいのも特徴の一つになっています。

昨今、頭皮や髪への負担を考えて可能な限り化学染料や酸化剤を利用されていない無添加の白髪染めに注目が集まっていますが、こうした天然素材由来のヘアカラーで多く配合されている成分の一つがベニバナ赤です。化学染料とは違い白髪染めとしては薄付きではありますが、その分自然な染め上がりにすることが期待できます。繰り返し使用される白髪染めに対する髪や頭皮への負担を考えた場合には、使い心地が軽く髪質も衰えにくいというメリットがあるため、敏感肌のかたでも安心して使用することが可能です。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント