水酸化Na

成分一覧

水酸化Naは白色の固体で、水によく溶けてアルカリ性を示す固体です。別名で苛性ソーダと呼ばれている成分になります。

水酸化Naの特徴

身近に作られているものの例でいえば、ステアリン酸などと混ぜて作られるものが石鹸であったりします。水酸化Na自体は強いアルカリ性を持っているので、中和させてから配合されるような使われ方をしています。

性質として、薄い水溶液は皮膚を柔軟にさせる効果があり、クリームや乳液には乳化剤として使われていたり、パーマ液にはPH調整剤として使われたりなど、広い分野で使用されている成分になります。スキンケア剤としても、その成分は多く使用されており、多くの使われる目的としてはその成分で何かの効果を得るというよりは、肌をなめらかにする、仕上がりを良くするための素材としても使われ方が多く、一般的です。

この成分は美容品以外にも多く使われており、例えば医薬品や工業品に使われたりなど、多様される面があります。

強いアルカリ性質を持っているという事であったり、名前のイメージであまり安全性で良く思われない場面があるかもしれません。濃度が高い場合に関してはもちろん危険な成分になるのですが、美容製品として使用される場面では一般的に、中和して配合されているので、危険なものではなく、安全性があるといえます。

白髪染めへの効果・効能

そして白髪染め成分として使用される効果、効能ですが、主に使用する目的としては他の原料のままであると、成分自体が酸性になりすぎてしまうので、アルカリ性である水酸化Naを使用する事によって酸性になりすぎた成分を中和する目的で使用される事が多いようです。水酸化Naを使用する事で結果的に中性付近にPHを調整するという使い方ですね。

やはり懸念される部分としてはどうしても肌に悪いのでは?と感じる方も多くいらっしゃると思いますが、強い酸性のまま使用するより、成分が中性に中和された状態で使用する事で安全に使用してもらうために使われているんだという認識を持つ必要があります。敏感肌でどうしても気になるという方は必ず成分表示を見て判断する事が必要だと思います。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント