タール系色素

成分一覧

白髪染めを持っていたら裏の成分表示を見てみてください。そこにタール系色素の文字はあるでしょうか。タール系色素は、合成着色料の1つです。食品や化粧品などの着色で用いられることが多いです。私たちは毎日食するものや化粧品として使用する物の中には、タール系色素をふくんだ物がたくさんあるのです。

しかし発がん性やアレルギーとの関連も指摘されており、注意をしたい成分の1つなのです。今回は、そのタール系色素と白髪染めの関係をご紹介します。

タール系色素ってなに?

タール系色素は石油を作る時に出来るナフサというものが原料になっています。食用に使用されるタール系色素は、食用タール系色素と呼ばれます。またそれ以外については化粧品や医薬品に使用できるもの、医薬品だけに使用できるものなどに分れています。

白髪染めにもタール系色素が入っているの?

白髪染めはどのような方法で行いますか?ヘアマニキュアで行う人もいるでしょう。またカラートリートメントでする人もいます。また自然の天然成分を含んだカラートリートメントで行う人もいますね。

このうちのヘアマニキュアは、美容院で行うことが多いですが、このマニキュアの中にタール系色素が含まれているのです。美容院で行う場合安全かと思いますが、実はタール系色素は皮膚についてしまうと取れにくいので、美容院で行う時には、根元には塗布しないことがほとんどなのですね。もしも頭皮についてしまうと、頭皮の細胞のダメージが大きく、頭皮や毛根が弱っていってしまうのです。

白髪のある人は、根元からきっちり染めてほしいと思う人も多いでしょう。ヘアマニキュアで根元を染めることが出来なければ、すぐにまた目立つようになるからです。その場合は、ヘアマニキュアよりもカラートリートメントを選択する方がいいのです。

白髪染めというのは、使い始めると長い期間使用することが多くなります。またその使用中に頭皮にダメージがあると、更に白髪が増えてしまう可能性もあるのです。そのためにタール系色素をふくまない白髪染め製品を選択するといいのです。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント