2剤式白髪染め

白髪染めの種類

2剤式白髪染めとは、読んで字のごとく2種類の薬剤を使って白髪を染めるものです。ドラッグストアなどで購入できる白髪染めの多くはこのタイプの物です。2剤式白髪染めは、永久染毛剤という部類に分けられており、医薬部外品です。一般的には「ヘアダイ」や「アクリルカラー」という名称で呼ばれることの方が多いです。

1剤の成分と働き

1剤の成分は酸化染料とアルカリ剤です。酸化染料は白髪染めの色の基本となる成分です。2剤と混ざると酸化して発色します。アルカリ剤はモノエタノールアミンとアンモニア成分から成っています。これらは、毛髪に色の成分を送り込むために毛髪を膨張させてキューティクルを開く働きをします。これは、「ブリーチ」と呼ばれている反応です。

2剤の成分と働き

2剤の成分は過酸化水素水です。これは、1剤と混ざると酸化染料同士を結合させ、酸化反応をおこし発色させます。また、1剤のアルカリ剤の働きにより酸化反応が促進され、黒髪の色素であるメラニンを分解し脱色する働きもあります。ちなみに白髪はメラニン色素がないので、脱色されることはありません。つまり、黒髪を白髪の状態にするということですね。

2剤式白髪染めによって毛髪が染色される仕組み

白髪染めを塗る前の乾いた状態での毛髪は、キューティクルが一定方向に重なり合っています。これが毛髪の艶になります。その乾いた状態の毛髪に1剤と2剤の混合液を塗っていきますと、まずアルカリ剤の成分によって毛髪のキューティクルが開かれ、毛髪の内部へと染料が浸透していきます。

そして1剤のアルカリ剤と2剤の過酸化水素の働きによって、黒髪のメラニン色素を脱色していきます。そこへ2剤の過酸化水素の働きによって結合した酸化染料が発色した色で白髪を染めていきます。酸化染料同士が結合して発色した分子は、元の分子よりも大きくなります。そのため、キューティクルの隙間から染料が出られなくなることによって、毛髪の内部に薬剤の色が定着します。

2剤式白髪染めのメリットとデメリット

2剤式白髪染めは、毛髪の内部まで染料が届くので色の持ちが良いというメリットがあります。

逆にデメリットとしては1剤によってキューティクルを開いてしまうので、毛髪が傷んでしまうということです。また、紫外線によって染料が分解されてしまうので、色味が少しずつ変化してしまいます。

このように、2剤式白髪染めは毛髪に様々な化学変化を起こして白髪を染めていくのです。

白髪染めの種類
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント