ユビキノン

成分一覧

ユビキノンとは脂溶性のビタミン様物質のことです。生物界に数多く存在するキノン化合物でもあり、人間の体内でも合成されている物質です。ミトコンドリアの内膜や原核生物の細胞膜にある電子伝達体の一つでもあり、電子伝達系のなかで呼吸鎖複合体ⅠとⅢの電子を仲介する役割を担っています。

糖尿病予防など効果様々

1957年にアメリカ合衆国で発見されて、「いたるところに存在する」という意味のラテン語である「ユビキタス(ubiquitous)」を元にして名付けられました。生物によって側鎖のイソプレン単位の数が違っており(下等生物は6~9)、人間などの哺乳類はその多くは数が10なので「コエンザイムQ10」などの別名で表記されることもあります。

肉類や魚類、ほうれん草などに多く含まれており、コラーゲンを作り出す細胞を活性化したり悪玉コレステロールを減少させる効果を持つ以外に、細胞を老化させる原因である活性酸素を除去する働きを持ちます。そのため動脈硬化や糖尿病の予防から美肌効果まで様々な効果を発揮し、美容健康の分野で高い注目を浴びて様々な製品に配合されている物質です。

髪の毛のアンチエイジング効果も!

そしてユビキノンはお肌などのアンチエイジングをする成分としてだけではなく、髪の毛のアンチエイジングに役立つ白髪染めの成分としても注目されています。ユビキノンが白髪染めの成分として利用されている理由のひとつは、ユビキノンが持っているビタミンEの働きを強化する効果のためです。加齢などの原因で頭皮の血流が低下すると、髪の毛に必要な栄養分などが届けられなくなるため白髪が増える原因になります。

しかしビタミンEは血管を拡張して頭皮の血流を促進することで髪の毛への栄養補給を高めたり、抗酸化作用により身体の細胞の老化を防ぐことで白髪を防ぐ効果を発揮します。そしてユビキノンは、このビタミンEの働きをサポートしてその効果を高めることができます。またユビキノンが持っているコラーゲンを増加させるなどの美肌効果によって、白髪染めをする際に頭皮を良い状態に整える作用が得られることも大きな理由です。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント