尿素

成分一覧

尿素は、化粧品やヘアケア製品に良く含まれている成分です。尿という字がついているので、尿に含まれているかと思いがちですが、実は尿だけではなく、私たちの肌の角質層や血液、体液にも含まれている成分です。もともと私たちの身体を構成している成分の1つなので、化粧品やヘアケア製品として使用するとなじみやすいのですね。また副作用などの心配がありません。

尿素はどのような働きをしているの?

尿素はタンパク質を分解する働きがあります。タンパク質を分解すると聞くと悪いイメージがあるかもしれません。しかし安心してください。尿素は、古い角質を分解させて、新しい肌の再生を促すのです。そのため、肌荒れに効果があるのですね。

白髪染めに含まれる尿素の働きとは

白髪染めにも尿素が含まれたものと含まれていない物があります。尿素を含んだものを使用すると、頭皮の古い角質が尿素によって取り除かれます。頭皮というところは、髪の毛もあるために汚れがたまりがちです。また新陳代謝も活発なので、皮脂や古い角質がたまるところでもあるのですね。

これをきちんと落とさなければ、毛穴が詰まったり、汚れで頭皮が荒れることもあるのですが、尿素で頭皮の古い角質を落としてあげると、頭皮の健康が保てるのです。頭皮が健康になると、毛根も元気になります。元気になった部分からは白髪が生えることを予防できることもあるのです。

白髪染めのダメージを防いでくれる、そして効果を助長させる

尿素は色素ではないので、尿素だけで白髪を染めるということはできません。しかし白髪染めの中にはいろいろな成分が入っていますよね。髪の毛に優しい成分がたくさん入っていると言っても、実は髪の毛や頭皮に刺激を与えていることがあるのです。尿素を含んだ製品を使用すると、その尿素が刺激から守ってくれるのですね。

そして頭皮の健康を維持して、ほかの白髪染め成分の効果を最大に発揮できるように支えてくれるのです。

成分一覧
スポンサーリンク
シェアする
白髪染め本舗をフォローする
白髪染め本舗

コメント